転職

円満退職の仕方!綺麗に退職するために必要なことを実体験で語る!

円満退職に必要なことは?

 

会社辞めたいけど、できることなら綺麗に辞めたいなぁ。。
どうしたら綺麗に辞めれるかな。。

 

こんにちは、古賀です!

 

本記事では、

はてな

「円満退職をするためにはどうすればいいか?」

というテーマでお話します!

 

「転職をして、次の挑戦をしたい!」

と思い、退職を決意!

でも、この「退職する」ことは、決して楽ではありません。

 

もちろん「辞める」ことだけ考えれば、

法律の範囲内でコトを進めれば辞めれますし、

退職代行を使うことだってできます。

 

でも、誰もそんな辞め方はしたくないです。

「円満退職」がしたいんです。

 

今回はその「円満退職」の仕方を実体験からお話します。

自慢じゃないですが、わたしは、

「ここ数年で一番綺麗に辞めた男」

と元職場の社長から言われ、最後に固い握手をしました。

そのおかげで、その後に辞めた先輩が、

「お前のせいで辞めるのが大変だった。。」

と言われてしまいました。。ごめんなさい。

 

自己紹介が遅れましたが、

わたしは大学卒業後、上場IT企業に就職し、プログラマー、システムエンジニアとして

約10年間働きまして、現在フリーランスをしております。

プロフィールの詳細はこちらです。

円満退職の仕方!そのために必要なこと!

会議

最初に円満退職の秘訣を教えます!

それは、

「そんな方法はない!」

 

「・・・」

そうです。円満退職に裏技なんてないんです。

裏技を探していた方は、このページをそっ閉じしてください。

 

でも、裏技とまではいかないものの、円満退職するために必要なことをあげるならば、

「最後までやり切る!」

これしかありません。

 

「職場を辞める」ということは、会社に少なからず迷惑を掛けてしまうことになります。

その迷惑を出来る限り最小限にする!

この気持ちを最後まで持ち続けましょう!

 

アドバイスがそれだけでは心もとないので、

円満退職をするために意識すべきポイントは、

ポイント

  • 辞める意志は早めに伝える
  • 次の人生に対して熱い気持ちがあるか?
  • 最後まで会社やお客さん、周りの人達に尽くす

この3つです。

これをわたしの実体験をもとに、お話します!

円満退職をするまで!わたしの実体験!

団結

わたしの退職までの流れをお話します。

簡単にまとめると、流れは以下です。

  1. 上司との面談でいつか辞めるつもりでいることを伝える
  2. その数ヶ月後に、希望退職日の9ヶ月前に退職の意志を伝える
    ※意志を伝えると同時に、今後の人生でやりたいことも伝える
  3. 9ヶ月間モチベを何とか維持しながら働く
  4. プロジェクトのキリが悪く、1ヶ月間延長になる
  5. 社内的に退職日が決まるも、とあるお客さんが自分が抜けることに不安になり、
    打合せのみ参加するという条件で2ヶ月間延長になる
    ※打合せ以外は有給消化
  6. 会社、お客さん、周りの迷惑を最小限に抑えて、円満退職!
    ※退職月がボーナス支給月だったので、ボーナスも頂きました!(減額なし)

辞める意志は早めに伝える

ポイント1つ目が「辞める意志は早めに伝える」です。

 

システムエンジニアの場合、現在進行中のプロジェクトがあったり、

担当のお客さんのサポートをしていることもあり、

後任の調整に時間が掛かります。

早めに伝えることは重要です。

 

法的には、

「退職の意志表示から2週間で退職は可能」であり、

わたしの職場の就業規則では、

「退職日の3ヶ月前に申し出ること」※2ヶ月だったかもしれません。。

ですが、わたしの場合は、

「9ヶ月前」

です!

 

希望する退職日が近づいたら、ということではなくて、

「この時期に辞める!」

と意志が固まった時点で伝えさせてもらいました。

 

また、その退職する時期も、

「このタイミングであれば、迷惑を最小限にできる」

と自分の都合と、会社のことも考慮して決めました。

 

早めに伝えることで、会社に対して悪い印象を与えずにすみます。

いわゆる「誠意を見せる!」感じです。これが結構大事です。

後任の調整時間を会社に与えることもできるので、

「自分に非がない」状態を作れます。

次の人生に対して熱い気持ちがあるか?

ポイント2つ目が「次の人生に対して熱い気持ちがあるか?」です。

 

「退職あるある」ですが、高確率で引き留めに合います。

直属の上司だけでなく、何人かと面談することになります。

 

そこで必要なのが、

「強烈な退職する動機」

です。

 

「ただ辞めたい。。」

というだけでは、退職の話を先へ進めてくれません。

 

「自分はこの先、こういうことがしたいから辞めるんです!」

と気持ちを伝えないと納得してくれません。

ここで適当な嘘をついてしまうくらいだと、どの道「円満退職」は難しいでしょう。

 

わたしの場合は、

「これからはお金よりも楽しさを大事にしていきたい!」

「教員になってその楽しさを味わいたい!9割苦しくても1割の楽しさを感じられるはず!」

「教員になれば野球に関わることも出来る!」

という話を何度もした記憶があります。

※現在は心変わりしてしまっております。。
結果的に嘘をついた形になってしまい、申し訳ありません。。
当時は本気でした。。

 

「こいつはもう止めても無駄だな。。」

と思われるくらい熱い気持ちを持ちましょう!

 

「もう次が決まっています!」

という作戦もありますが、「早めに意志を伝える」にも反してしまいますし、

これでは円満退職が難しくなってしまいます。

最後まで会社やお客さん、周りの人達に尽くす

ポイント3つ目が「最後まで会社やお客さん、周りの人達に尽くす」です。

 

これが最大の難所です。

「辞める!」と決めてしまうと、仕事のモチベが下がっていきます。

しかも「早めに辞める意志を伝える」作戦を使うと、

辞める宣言した後の働く期間も長くなります。

 

わたしの場合は9ヶ月間です。。

途中でやる気をなくしてしまうことが何度もありました。

それでもお客さんや周りの人に迷惑を掛けないために、なんとか耐えました。

引継ぎ資料もゴリゴリに作っていきました。

 

9ヶ月間しっかり働いたのに、

「プロジェクトのキリが悪いからもう1ヶ月よろしくね!」

と普通に言われた時はさすがにイライラしました。。

キリが悪いのはこっちも分かっているから、

お客さんのためにも「もう1ヶ月かな。。」と思ってましたし!

それに9ヶ月も前に意志を伝えているのに!

 

それでもやることをやるんです!

自分の正義を貫くんです!

「ここで砂をかけるようにやめたらこれから先の人生成功しない!」

と思って最後まで気を抜かずに働きました。

会社に対する恩もありますしね。

 

社内的には1ヶ月延長して「よくやってくれた!」と、

退職の話が進んでいきました。

「退職願とかいつ書けばいいの?」

とか思われるかもしれませんが、

わたしがいた会社では、退職の話を進めていくと、

「この日までに退職願を書いて!」と言われたり、

「最終出社日はいつにしようか?」と話は進んでいきます。

自分からいちいち言う必要はありませんでした。

 

それでも問題はやってくるんです。。

あるお客さんが「自分が辞める」ことで、

プロジェクトがうまくいくかどうか不安になり、涙を流されました。

 

「最後までやり切る!」

と言っても、やはり自分の都合もあります。

ここで退職を撤回することはありません。

 

そこで、

「打合せのみ参加する」

という条件で2ヶ月間さらに延長しました。

お客さんは申し訳なさそうにしてましたが、

自分も少し心残りがあったので、嫌々延長したわけではありません。

自分の正義を貫いたまでです。

お客さんには最後相当感謝されました。

こちらが迷惑を掛けてしまったのに。。

 

そんなこんなで、

「最後まで会社やお客さん、周りの人達に尽くす」

ことで、有給消化もでき、ボーナスも減額されることなく頂くことができました。

 

もちろんわたしから、

「有給消化させてください!」

「ボーナスください!」

とか一言も言っていません。

 

「有給消化してから辞めたい!」

と思われた方がいるかもしれないので、キツイアドバイスを送ると、

「有給消化したいと言わずに、最後まで会社やお客さん、周りの人達に尽くす」

と言わざるを得ません。

 

社長にも、これまでの経緯が全て伝わっているので、

最後は社長と固い握手をして辞めることができました。

 

「いつでも戻ってきていい!」

とも言われました。

周りからも、これから先を応援してくれる声をたくさん頂きました!

 

希望した時期に辞めたい気持ちは当然ありましたが、

自分にとってはそれ以上に綺麗に辞めることの方が大切でした。

辞め方の正解は人それぞれです!

まとめ

ここまでの話をまとめます。

まとめ

円満退職に裏技はないが、

この3つのポイントが円満退職する上で大事なこと!

  • 辞める意志は早めに伝える
  • 次の人生に対して熱い気持ちがあるか?
  • 最後まで会社やお客さん、周りの人達に尽くす

自分の正義を貫くこと!

辞め方の正解は人それぞれ!

 

わたしの辞め方は、

「ストレート真っ向勝負!」

でしたが、会社によってベストな退職の仕方は違ってきます。

まったくこちらの言い分を聞いてくれない会社であるならば、実力行使するしかありません。

それは正直しょうがないかなと思います。

 

でも、話をしっかりと聞いてくれるのであれば、

円満退職できる可能性はあります。

 

大体辞める人達は、

「もう次が決まっているので!」

作戦を使う人たちが多いのですが、これを否定するつもりはありません。

自分の人生ですからね。

辞めるのが遅れて人生台無しになってしまっては大変です。

 

結局は、

「自分はどうしたいの?」

が大事です。

わたしは「綺麗に辞めたい!」が目的だったので、

期限が延長になってしまったことに関して、まったく後悔していませんし、

これで良かったとも思います。

 

これからの時代は「信用」が大事ですしね。

変な形で辞めて信用を落としてしまうのも、もったいないですし。

 

今でも旧職場の人から、わからないことで何か連絡がきたら、

記憶の限り回答するようにしています。

迷惑掛けたこともそうですが、やっぱりそれが自分の正義だからです。

 

あなたはどういう辞め方をしたいでしょうか?

あなたの正義は何でしょうか?

良い辞め方は次に人生に繋がりますよ!

 

どうしようもない時はこちらをどうぞ!

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
退職代行サービスのNEXT

次が決まっていない方はこちらの記事をどうぞ!

エンジニア転職!IT業界に強い転職エージェントを活用しよう!

フリーランスエンジニアの案件探し!IT業界専門エージェントを活用しよう!

おすすめ記事

道のり 1

※本記事は、各記事のまとめ記事です。   こんにちは、古賀です!   本記事では、 「プログラミング未経験者がエンジニアとして働き、 年収1000万に到達するまでの道のり」 をご説 ...

成長するエンジニア 2

  エンジニアになったけど、いまいち成長を感じられないなぁ。。 作業スピードも品質も平凡。 この先成長していけるんだろうか。。   こんにちは、古賀です!   エンジニア ...

闘病記 3

※本記事は、各記事のまとめ記事です。   こんにちは、古賀です!   わたしは25歳の時に、悪性リンパ腫になりました。 不安な気持ちになって、たくさん泣きました。 本気で「死ぬかも ...

プログラミングスクール 4

  プログラミングを本格的に勉強して仕事に繋げていきたいけど、 プログラミングスクール多すぎる。。 どういう目線で選べばいいんだ。。   こんにちは、古賀です。   プロ ...

-転職
-,

Copyright© Koga Masao's LifeBlog 〜Alive Today〜 , 2020 All Rights Reserved.