がん体験記

がん体験記 闘病編④ ~抗がん剤治療終了~

2020年3月18日

MRI

 

前回の話を読まれていない方はこちらからどうぞ。

がん体験記 闘病編③ ~別の治療法で治療再開~

※YouTubeに同内容を公開しております。

順調に続く治療

2012年6月

2012年6月。4サイクル目を終えて、ちょうど治療の折り返し地点。

ここで現状の腫れ具合をCTで確認。

毎日自分で触わって腫れていないか確認しているが、右肘に腫瘍があるのかないのか多少気になるだけ。

右脇も左鎖骨も腫瘍はもう完全にないのでは?と思えるくらいに改善していた。

医者がCTを確認する。結果はまだわずかに腫瘍が右脇に残っているとのことだった。

ただ経過自体は順調で問題なしとのこと。体調自体も悪くない。

これからもやることは変わらない。治療を継続して耐えるのみ。

 

2012年7月~8月

副作用の対処にも徐々に慣れ、順調に治療を重ねる。

気付けば右肘も触わっただけでは腫れているかわからない状態にまで腫れが引いていた。

体に腫れがない!それだけで気分は高まっていく!

2012年夏ドラマ、「リッチマン・プアウーマン」を見てプログラマーとしての仕事の意欲を取り戻す。(ITのドラマです。)

たまに血液検査で治療が延期になったこともあったが、抗がん剤治療を残すとこあと1ヶ月というところまできた。

 

会社の合併。退職になる?そして治療終了

2012年9月

会社の総務の方から久しぶりに連絡が来て、また家の近くで会う事になった。

要件は「会社が合併するからその件について話をしたい」とのこと。

実は治療に入る前から親会社と合併することが決まっていた。(私はその親会社のグループ会社)

それで一度親会社の人事との引継ぎも兼ねて話をすることになった。

 

私が所属する総務の方は顔を見るなり「元気そうで良かった!」と声を掛けてくださった。

前回会った時が一番体調が悪化した時期だったので、表情は天と地の差くらいあっただろう。

親会社の人事の方と挨拶をした後、今後の話について聞かされた。

人事「休職から6ヶ月が経過したから本来であれば9月末で退職になります。」

人事「ただ今回は特別に3ヶ月延長して、12月末まで休職扱いにすることになりました。」

言い換えると年内に復帰できなければ退職になるということだった。

その場で休職を延長する書類を書く。副作用で指先にしびれがあり、握力もない。

震えた文字で「休職願」を書き終えた。

3ヶ月特別に延長してもらえたのは、「周りからの声」があったからだそうだ。

その声が少なかったらここで退職になっていたかもしれない。周りの方々に本当に感謝!

 

9月末になり、最後の抗がん剤治療を終えた。

もう何回腕に針を刺しただろうか。副作用のせいで、血管はカチコチ状態になっていた。

この後は1ヶ月半程度期間をおいて、がん細胞が残っていないかPET検査をして確認する。

元々放射線治療を予定していたのだが、今の状態から必要ないだろうと判断された。

治療をしない状態で過ごすことで、また腫れあがってこないか不安ではあった。

何はともあれ治療は一旦終了。あとは待つだけだ。

 

2012年10月

抗がん剤治療を終えて少し経つと、副作用が徐々に抜けてくる。少しずつ体が元に戻っていく。

髪も少しずつ生えてきた。抗がん剤で落ちた筋肉を元に戻すため、運動も少しずつ開始した。

最初は走っていても歩いているのと、ほぼ変わらないスピード。足が前に出てこない。

ボールを投げても弱々しい。投げるための筋力はほとんどなくなっていた。

でもここからゆっくり元に戻せばいい!毎日少しずつ運動を重ねていった。

 

10月は先輩と2回目の映画もいった。

前とは違い、大分元気な姿を見せられたと思う。

映画が終わった後はお昼に良く行ってたパスタ屋さんで食事した。

この頃は大分口内炎も治り、元の味覚が戻ってきていた。とても懐かしい味がした。

 

11月には大学野球部のOB戦がある。元気な体で野球ができるようにトレーニングにも力が入る。

 

闘病編4まとめ

ここまでの話

  1. 順調に抗がん剤治療を続ける
  2. 休職を延長してもらう
  3. 全8サイクルの抗がん剤治療を終える
  4. 期間をおいて、次の検査を待つ

 

治療を再開してからは、腫瘍の押し戻しこそ不安でしたが概ね順調に進んでいきました。

順調になると気分がまったく今までと違います。散歩の足取りも日に日に強くなっていきました。

休職を取って治療に専念すると、多くの時間があります。

逆にこの期間を利用して新しくできることを探すのも良いかもしれません。

私はせっせと簿記の勉強を進めていました。

 

抗がん剤治療が終わると体が少しずつ戻ってきます。それも腫瘍なしの体です!嬉しすぎます!

髪の毛も生えてきます。以前と比べるとソフトで柔らかめな毛が生えてきました(笑)

運動も少しずつ強めていきましたが、いきなりは危険です。

心臓に負担がかかる薬を使ってますので、下手をすると心筋梗塞です。

運動もゆっくり少しずつ増やして元の体を取り戻しましょう!

私は嬉しくてダッシュしてましたが(笑)

 

続きはこちらです。

がん体験記 復活編① ~奇跡の復活~

まとめ記事に戻る

おすすめ記事

道のり 1

※本記事は、各記事のまとめ記事です。   こんにちは、古賀です!   本記事では、 「プログラミング未経験者がエンジニアとして働き、 年収1000万に到達するまでの道のり」 をご説 ...

成長するエンジニア 2

  エンジニアになったけど、いまいち成長を感じられないなぁ。。 作業スピードも品質も平凡。 この先成長していけるんだろうか。。   こんにちは、古賀です!   エンジニア ...

闘病記 3

※本記事は、各記事のまとめ記事です。   こんにちは、古賀です!   わたしは25歳の時に、悪性リンパ腫になりました。 不安な気持ちになって、たくさん泣きました。 本気で「死ぬかも ...

プログラミングスクール 4

  プログラミングを本格的に勉強して仕事に繋げていきたいけど、 プログラミングスクール多すぎる。。 どういう目線で選べばいいんだ。。   こんにちは、古賀です。   プロ ...

-がん体験記
-, ,

Copyright© Koga Masao's LifeBlog 〜Alive Today〜 , 2020 All Rights Reserved.